医療用ウィッグを壊さないために

病気や治療などで脱毛期を迎えている場合には医療用ウィッグを毎日のように着用することがあるかと思いますが、中には間違った使い方をして壊してしまう人もいます。特に脱毛期に壊してしまうと脱毛を隠すことができなくなるので、壊さないためにも取り扱い方法を知っておくことが大切です。ここではその中でも普段注意したいポイントについて紹介します。

まず気を付けたい注意点としては、ブラシを丁寧に使うことです。医療用ウィッグも使用した後はシャンプーなどで手入れをすることが多くなりますが、洗い終わった後は髪の毛のスタイルを整えるためにブラシなどを使用してとかします。しかし、中にはブラシを使用する時に強くとかす方がいますが、必要以上に力を入れると髪の毛が切れてしまったりすることがあります。スタイルが崩れてしまう原因になるので、壊さないためにも無理をせずに丁寧にブラシを使用して手入れをするといいでしょう。

また、シャンプーはなるべく専用のタイプを使用しましょう。医療用ウィッグを使用する時にはシャンプーで手入れをすることが多いですが、例えば洗浄力の高いタイプを使用してしまうとスタイリング剤などが落ちてしまう可能性もあります。そうなるとスタイルが決まらずに使い物にならなくなってしまうので、使用するシャンプーにも気を付けるといいでしょう。